超能力なんてないただの中3男子の千尋がぐだぐだ更新してくホームページ的ブログ
TopPhotoDiaryLyricsNovelsRSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

壮大な物語を予感させる始まり方

「そろそろか」

いよいよ、始まる。
なんとなく、そう思った。

「あぁ? “開戦”にはまだちーっと早いんじゃねーか?」

どこか面白がっているような、それでいて若干真面目な響きを含んだ言葉とともに煙草の煙が吐き出される。
煙は、漆黒の空に吸い込まれるように消えていった。

「私の“心眼”に狂いがなければ確実だ。
――それに、煙草はやめろと再三言ったはずだが。公害以外の何者でもない」

「余計な世話だっつーの」

今夜は満月。
それに旧暦の上では“運命の日”でもある。
皮肉なものだな、と少し笑いが漏れそうになった。

「行くぞ」

「まだ早えよ、明日の朝でも――」

「黙って着いてこい」

いよいよ、始まる。
予感は確信に変わった。





すいません暇だったので(´・ω・)
スポンサーサイト
  1. 2009/12/09(水) 23:01:47|
  2. Diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://age1023.blog18.fc2.com/tb.php/33-b816aff9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。