超能力なんてないただの中3男子の千尋がぐだぐだ更新してくホームページ的ブログ
TopPhotoDiaryLyricsNovelsRSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

コメディアン

「映画楽しかったね」って
100回目の嘘つかれた週末
それでも手を伸ばす僕を
馬鹿にするようになびく髪

こんなB級恋愛 今すぐにでも食べてしまえ

終わり笑えば全てよし
そんな単純思考回路
切り開いてこう

毎日呼吸してるのは
愛し愛されるとか関係なく
楽しく暇つぶすためだと
プラスな綺麗事が流行る

コンビニで個性買うような世界だからこそ今

終わり笑えば全てよし
そんな単純思考回路
切り開いてこう

これぞ三流コメディ 今すぐ頭に叩き込め

泣く子も笑っちゃうような
そんな楽観主義的思考
振り撒いてこう
終わり笑えば全てよし
そんな単純思考回路
切り開いてこう




ターニングポイント。
ミスチルとかラッドとか東京事変とか色々影響受けた最終形がこれな気がする。
たぶんこれからはこういう方向性でいくと思います。
作品自体としては結構納得いく出来かな。出だしが好みな感じに仕上がりました。
ちなみに2回ほど修正しました。

「最近じゃ無理矢理ポジティブが流行り」→「プラスな綺麗事が流行る」
「自分らしさ=ゴミクズ そんな世界だからこそ今」→「コンビニで個性買うような世界だからこそ今」

前者はなぜか字脚がとんでもなく爆死してたから。
後者は安直すぎる気がしたので。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/21(日) 17:37:38|
  2. Lyrics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

遠距離旅行

買ってもらったばかりの自転車
赤いヘルメット 変速ギア最大
風を切って坂へ飛びこむ

僕の背中を押したふたつの声
もう聞こえないとこまで来ちゃったけど
悲しくはないよ でもちょっと寂しいかな

バスが揺れながら走る
乗客は大切なものを忘れた
「あんな風になるもんか」
喧騒の中にとけてったその声は

走るだけ走った気がしただけで
遠くまで来たって気がしただけで
僕は終わりたくない なんて思えない
もう休んでたい 寝てたいくらいなの
ふたつの声を思い出したとこで
「ごめんね」って謝る それだけで終わり

排気ガスの街に今は住んでる
居心地はいいよ 明日のパンもちゃんとある
それに毎日 バスで可愛い子に会う

バスは揺れながら走る
僕は大切なものを忘れたんだ
そもそも何のことだっけ?
あんなに笑っていた自転車も今は

走るだけ走った気がしただけで
遠くまで来たって気がしただけで
僕は終わりたくない そう思ってたのに...

Tシャツ 半ズボン 赤いヘルメット
自転車に乗った僕が ふっと窓の外に見えた

もう休んでたい 寝てたいくらいなの
ふたつの声を思い出したとこで
「ごめんね」 大事なのはそこからなんだよ
走るだけ走った気がしただけで
遠くまで来たって気がしただけで
僕は終わりたくない って思えた時

この凸凹の道を また走りだすんだ




全体が暗喩って感じの作品。
遠距離旅行=人生ってな具合です。
それにしても長すぎ。安直すぎ。薄すぎ。
個人的にはなんかあんまり好きじゃないなぁ。
でも最後のフレーズは気に入ってます。凸凹道。
  1. 2010/02/21(日) 17:29:34|
  2. Lyrics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

青い日

希望ひとつ また捕まえたくせに
ため息ふたつ ついてみたり
君の視線に突き刺さりたくって
「かわいい」って馬鹿にされても

きっと許せちゃうんです
君ならば 君だから 君だけは

どう考えたところで
どんな角度で見つめたところで
答えはいつもくるりと一周してくる
僕の命さえ終わらなきゃ
この地球が消えるまでループする
そんな超難問 365日抱えてる

ため息ふたつ ついちゃったばっかりに
希望すべて 逃げていった

ささいな言葉 ひとつひとつが
面倒くさいくらい焼きついてて
この想いは何? どんな意味なの?
胸の内側の方で跳ね回る
君に会いたいって望んでる気がした
「かわいい」って言われたとしてもいいんです

言いたいことがあるんだ
君だけに 君だけに 今日こそは

どう考えたところで
どんな角度で見つめたところで
答えはくるりと戻ってくるのは知ってる
ならもうそいつと絶交だ
繋いでた手を離してみるんだ
そしたら未来ひとつ 僕の手で切り開けた




青い日=青春の日、ってな感じで。
当初は「彼女と自転車の旅」ってリアリティ溢れる設定だったんだけど結局抽象的な作品に落ち着きました。
ラストサビの“そいつ”は自分の中の迷いとか葛藤とかの“負の感情”のことです。
サビの流れは納得いくまで言葉を練ったので、結構好みな感じに仕上げることができました。
2番はAメロのあとにCメロ持ってきたけど、実際に曲つけるとしたらどうなんだろうねこういうの。
作曲スキル身につけたい。
  1. 2010/01/24(日) 13:07:12|
  2. Lyrics|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。